スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
重力の話

「重力」をテーマに宇宙の謎について解説した本を紹介します。

昨年、出版された直後なのに「ベストセラー」と表示されていたので面白そうと思って買い、そのうち読もうとしていてすっかり忘れていました。

先月末に1週間、すべての仕事をキャッセルしてゆっくりできる時間ができたので、この機会にと読みました。

 

宇宙の謎を探るための根幹となる重力の話ですが、「予備知識がなくてもきちんと理解できるように書きました」と著者がいうように、中高生にも解るように丁寧に書かれていて、まるで推理小説のような感じで読める本です。

主人公は多くの謎を秘めた「重力」です。そこに科学者が次々に現れて独自の考え(理論)で「重力」に纏わる謎を一つ一つ解き明かしていくといったストーリーです。

 

最初に登場するのが「リンゴが木から落ちるのを見て重力を発見した」ということで有名なニュートンです。物体はお互いに引力で引っ張り合っているという万有引力を発見し、これによりリンゴが地面に落ちるのも、月が地球の周りを回るのも一つの理論で説明できるようにしました。

その後、磁石の力や電気力(両者を電磁気力という)と重力の違いが問題になります。電磁気力にはお互いに引き合う引力と、反発しあう斥力がありますが、重力に斥力はありません。電磁気力とニュートンの理論はうまくかみ合わないことが分かってきます。

 

次に現れたのがアインシュタインです。彼はニュートンの理論と電磁気力との矛盾を相対論で解消したのです。
今、私たちはGPSをカーナビやスマホで当たり前のように使っています。初めての土地に行くときは重宝していますが、相対論がなければGPSは実用化されなかったという話には驚きました。

アインシュタインは自身の理論から、重力波やブラックホールの存在を予言しました。
重力波は電磁波と似たような波で、光速で空間を伝わります。重力が離れた物体(例えば月と地球)に働くのは、重力波が物体間でエネルギーを伝達しているからです。

光まで閉じ込めてしまうブラックホールは、多くの銀河の中心に存在していることが分かってきました。地球のある天の川銀河の中心にも太陽の400万倍の質量のブラックホールが存在しているのです。

しかし、無限に広がる宇宙空間をアインシュタインの重力理論で説明するには限界が生じました。

 

20世紀になって量子力学が登場してきます。量子力学は宇宙とは反対にミクロの世界を扱う学問ですが、宇宙の始まりを説明するためには相対論と量子力学の統合が必要になってきました。電磁気力とニュートンの理論がうまくかみ合わなかったときに相対論が解決したように、今度は相対論と量子力学を統合するための新しい重力理論が必要になったのです。


そして、新しい理論として提案されたのが超弦理論です。超弦理論はまだ完成されたものではなく、発展途上の理論です。ですから重力の謎もすべて解明されてはいません。

 

新しい理論が現れて謎が明らかになると、そのことによってさらに新しい謎が生まれ、それを解明する別の理論が必要になるとういう繰り返しで、すべての謎が解明されるのはまだ先の話のようです。

宮城県の北部から岩手県にいたる北上山地に、長さ30Kmの大型加速器を建設するというILC(国際リニアコライダー)計画について、このごろ頻繁に報道されています。この計画が実現して宇宙というマクロの世界と、素粒子というミクロの世界の謎が一挙に解き明かされるのではないかと期待が高まります。



 

| runway | 独り言 | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒッグス粒子発見で思うこと
テレビや新聞で「ヒッグス粒子 発見」のニュースが報じられています。

実験がおこなわれたところは、欧州原子核研究機構(CERN)です。
新しい事実が見つかり、これまで謎とされていたことが解き明かされると、わくわくした気分になります。

 

よく、こういう研究は何の役に立つのだろうという話を聞きます。たしかに、今回の粒子の発見が私たちの生活にすぐに影響を与えることはないでしょう。しかし、こうした研究を行う過程で生みだされた新しい技術が、実は私たちの生活に役立っていることがあります。

 

加速器を使った実験では大量のデータが発生します。このデータの中から貴重な結果を探す作業は、広大な砂漠の砂の中から一粒のダイヤを探すような気の遠くなる話によく例えられます。

 

インターネットがまだ普及していない時代に、HEPnetHigh-Energy Physics Network)というコンピュータネットワークを世界の主要大学や研究機関に張り巡らせ、世界中の多くの研究者が実験データを共有しながら解析作業をおこないました。

その時に実験情報や解析結果などの交換を円滑にするため、ホームページに必要なHTMLHTTP、それにWebブラウザの原型がCERNで開発されたのです。このことが物理学を発展させただけでなく、インターネットが急速に普及するきっかけにもなりました。

 

今では私たちの生活に不可欠なものになったインターネット、WWW発祥の地といわれるCERNがその礎を作ったといえます。
| runway | 独り言 | 04:40 | comments(1) | trackbacks(0) |
東日本大震災から一年
 東日本大震災から一年になる。昨年5月頃から、私が以前から所属しているNPOが始めた被災地に中古パソコンを贈る活動に取り組んでいる。

 これは企業から提供してもらった中古パソコンを、業者で再生作業(清掃、データ消去、ソフトのインストール)をしてもらい、被災した団体に贈るという活動である。
 最初の頃は団体からの寄贈の申し込みは少なかったが、仮設住宅の整備が進み人々の生活が少し落ち着ついて、それぞれの地域で団体の活動が再開し始めた秋ごろからパソコンの寄贈申し込みが増えてきた。それに加えて年末あたりからは、被災した住民が復興のための
NPOを立ち上げたり、また仮設住宅の住民がパソコン教室を開いて求職者支援を始めるなど、お互いに助け合いながら前に進もうという力強い動きも出てきている。
頑張ってください応援していきます。


 被災地にパソコンを寄贈する活動の詳細はこちらです。

| runway | 独り言 | 10:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
情報は生もの
 ホームページ、「シニアのためのセキュリティ教室」を立ち上げたのが昨年の12月であるから、まもなく1年になる。昨年の今頃は、移り変わる秋の風景をじっくりと眺める時間も惜しんでサイトの構築に奮闘していた。しかし、サイトを開いてから掲載しているコンテンツは殆どがそのままである。このブログの更新も同じで、昨年12月から書き込みが止まってしまった。この間の事情や、言い訳はいずれ話すことにするが。

 先日、「シニアのためのセキュリティ教室」をご覧になった方からメールを頂いた。サイト内で紹介しているあるソフトをクリックすると、そのソフトとは全く関係のないアダルトサイトが表示されるという苦情である。一瞬うろたえた。昨年のサイト構築の際はバタバタしていたのでリンク先のURLを間違えて掲載したか、あるいはWebサーバに何者かが入り込みリンク先のアドレスを書き換えたのかなどと次々と原因を思い浮かべたのだが。

 結局、原因はこんなことであった。このソフトを作った米国の会社が企業買収されて、同時に日本の販売代理店も替わったためにWebのURLも当然のことながら変更になったのである。ここまではよくある話で、普通なら「お客様のおかけになった電話番号は・・・」と同じように、旧URLをクリックすると代理店が替わった旨の説明と新相談窓口のURLの紹介があるはずである。それまで代理店として商売してきたお客様にこのくらいのアフターケアをして当然なのだが、なぜか旧URLがアダルトサイトに変身していたのである。「代理店を奪われた腹いせに不要になったURLを売ってしまえ」となったのではないか、アクセス数が多いと思われるので、さぞかし高い値段で売れたのではないかと勝手に想像している。これも儲けるためには何でも有りのネット社会の一面でしょうか。

 他人を責めるのはここまでで、結局はホームページを立ち上げて一年近くもほったらかしにしていたサイト運営者の私の責任であることは間違いないし、皆さんに「セキュリティ対策をしましょう」と呼びかかけているサイトがこんな状態では面目もありません。日頃から「情報は生ものと同じで新鮮さが命、活きが悪くなったら何の価値もない」と言っているのですが。

 そんなこともあって、「シニアのためのセキュリティ教室」の記事の見直しをおこないます。また、(ここから小さな声で)ブログの更新にも心がけます。
| runway | 独り言 | 05:58 | comments(3) | trackbacks(1) |
おかしなマナー
 私たちの周りには、誰が始めたのか分からない変なマナーがある。それを守らないと周りからまるで異端者扱いにされるのだが、しかし冷静に考えると、本当にそのマナーらしきものは守るのに値することなのだろうか。

 まず始めは、エスカレータを歩くことである。仙台ではエスカレータは左側を歩く人のために空けて右側に立つのがマナーだそうだ。東京は反対に右側を空けるし、関西は仙台と同じ左側を空けるのだそうだが、なぜ仙台は東京を飛び越えて関西と同じスタイルになったのかはよく分からない。いずれにしても、このエスカレータを歩くことにいつも疑問に思っている。エスカレータを歩いてもたかだか数十秒早いだけである。そんなに急ぐのなら階段を駆け上ればいいのにと思う。

 例えば、お年寄りと一緒で介添えのために並んで乗りたい場合もある。子供と手をつないで乗りたい場合もある。それでも歩く人のために遠慮し、右側で窮屈な思いをしている状態は何かおかしい。
 下りのエスカレータを歩くことは特に危険である。もし、歩いている人が何かにつまずいて、右側に立っている人を後ろから押したらどうなるだろうか。私が下りのエスカレータに乗る時は、後ろから押されても前に倒れないように、荷物を左手に持ち替えて、右手でベルトをがっちりと握るようにしている。こんな風に身構え緊張してエスカレータに乗らなければならない状態は何かおかしい。

 事故が起こったら、設備の設置管理者は「事故は予見できたはず」と当然責任を問われるだろう。東京の営団地下鉄では危険防止のためエスカレータを歩かないように呼びかけているとのこと。JRや仙台市営地下鉄も見習ってほしいものだ。
 私は、駅のエスカレータをなるべく利用しないで、階段を上り下りするようにしている。

 次は車のハザードランプのことである。
 渋滞している車線に割り込み、ハザードランプを数回点滅させている車をよく見かける。「入れてくれてありがとう」ということなのだろうが、ただ形式的で心のこもった挨拶になっていないような気がする。

 毎朝、決まって渋滞する道路で、比較的空いている中央寄りの車線を走り、延々と並んでいる左側車線の前方に割り込む車が多い。そのために左車線の流れはますます悪くなる。
 そうして割り込んだ車はあのハザードランプを点滅させるのだが、みんな並んでいるところに割り込んだ後ろめたさを取り繕っているように見える。ランプを点滅すれば何でも許されると思い込んでいるような行動には困ったものだ。

 慣れない土地で、左側の車線を走っていたら、その車線が突然左折専用になっていてあわてる場合があるが、私が直進の車線に入れてもらうときは、入れてくれたドライバの顔を見て軽く会釈をするようにしている。

 あまり細かいことに目くじらを立てるつもりはないのだが、だんだんこんなことが気になってきた。
| runway | 独り言 | 10:24 | comments(9) | trackbacks(2) |