スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
スマホとキーボード

スマートフォン(スマホ)の利用者がじわじわと増え、中学生やシニア層まで広がっているとのことです。

私はスマホを2年前から使っていますが、文字入力に不便さを感じています。文字入力する場合には画面にキーボードが表示されます。パソコンのキーボードと同じような並びの「キーボード配列」と携帯電話と同じ「携帯電話配列」のいずれか慣れた方を選ぶことができます。

私の場合、「携帯電話配列」に慣れていないことから、もっぱら「キーボード配列」を使っていますが、左手に本体を持ち右の人差し指で一文字ずつ確認しながら入力します。無骨な男の指には文字が小さすぎて誤入力が頻繁になり途中でイライラしてきます。そんな状態だから、これまでスマホからメールを送信することは殆どありませんでした。「メモ」もキングジムの「SHOT NOTE」にペンで書き込み、スマホのカメラで撮り込むというアナログ風な記録の仕方をしています。

しかし、折角スマホを使っているのだからここはデジタル的な方法でスマートにと考え、小型キーボードの接続を試みました。

購入したキーボードは、スマホとBluetoothで接続します。いざ接続を試みたのですがデバイス相互の認識・接続(ペアリング)がうまくいきません。調べてみると相互に通信するためのプロトコル(通信手順)に相当するプロファイルが、キーボードとスマホで異なることが分かりました。使っているスマホは「GALAXY S」で購入時のAndoroid 2.2を後からAndoroid 2.3にバージョンアップしたことがペアリングができない原因のようです。

結局、プロファイルを変換するアプリを探し出しスマホにインストールして、何とか日本語入力ができるところまでたどり着いたのですが、ここでまた問題が発生です。ひらがなとアルファベット・数字の切り替えがキーボードからできないことや、更に使えないキーもあるのです。また、使用するアプリ(メールソフトやメモソフト)で、どうやっても日本語の入力ができないものがあり、簡単に使える状態ではありません。もうこれ以上頑張ることを断念しました。

iPhonでは専用のキーボードが売られていますが、アンドロイドはメーカーや機種、OSのバージョンの違いなどもあって、統一した仕様にはなっていないようです。

結局、スマホにキーボードをつないで使うということは、スマホの使い方としてスマートではないということが分かりました。



スマホGALAXY S と キーボードELECOM TK-FBM023の組み合わせ
スマフォとキーボード
| runway | IT | 21:20 | comments(3) | trackbacks(0) |
フェイスブックで自分史作り
 

 本屋さんで「フェイスブックで『デジタル自分史』を作る」という本を見つけました。本の帯には「自分の歴史を振り返って記録する」「自分史作りに挑戦!」とあります。

 最近、高齢者の間にフェイスブックがじわじわと浸透してきているといわれています。この本では、タイムラインの機能を活かした「自分史作り」をしながら、フェイスブックの使い方を解説しているのです。

 私は、これまでフェイスブックの講座を2回開催しましたが、いずれも登録の仕方から始まり使い方を一通り実習するという内容でした。あまりにも真正面から取り上げたために、単調でメリハリのない講座内容だったと反省していたこともあって、この本のタイトルを見たときには、「あ、これだ」という思いでした。なるほど、こういう切り口でいけばより多くのシニア層の関心をを引き付けること間違いありません。

 ある年齢になるとこれまでの思い出を整理し記録しておこうという気になります。「近況」欄になつかしい写真と一緒に思い出すままを書き、公開範囲を「自分のみ」にして過去の日付で投稿すれば時系列に表示された記録になります。

 こうした記録づくりの楽しみ方を一通り説明した後で、離れて暮らす家族や友達との交流の楽しさに導いていけば、これまでフェイスブックにあまり関心のなかった人たちも興味を示すのではないでしょうか。


 いま、この本を読みながら、これからのフェイスブック講座の進め方について構想を練っているところです。

 


 ところで、この本の出版で協力されたのが、「コンピューターおばあちゃんの会」代表の大川加世子さんです。
82歳になられた方で、元気にご活躍されている様子をサイトで拝見し感服しました。
わたしもかくありたいと念じていますが…


| runway | IT | 13:56 | comments(2) | trackbacks(0) |
シニア向けに「らくらくスマホ」
 

シニア向け「らくらくスマホ」が夏ごろに発売されるという報道があります。

私がスマートフォン(ドコモのGALAXY S)を持ったのは昨年の1月初めです。その頃、世界のスマートフォンの出荷台数がパソコンのそれを上回ったと報じられていて、パソコンの世界が何か大きく変わり始めたのではないかという予感のようなものがありました。そして、「スマホ元年」という言葉に触発され、新らしもの好きな私としてはもう少し様子を見てからなどという我慢ができませんでした。

今、若い人たちの多くがスマホを使っているようですが、私と同じ世代でスマホを持っている人を見ることはありません。「文字が小さい」「家にあるパソコンで十分、外出先でメールやWebは必要がない」「持っても使いこなせないだろう」と言う方がほとんどです。私自身も文字入力では、字が小さくて苦労しています。

「らくらくスマホ」は、シニア世代で密かにスマホを持ちたいと思っていた人には朗報かもしれません。文字を大きくしたり、聞き取りやすい音質にしたり、また健康測定器と連動させて健康管理機能を設けたり、更にうれしいことは年金生活者にも配慮した低額料金制など、シニアには至れり尽くせりのスマホのようです。
| runway | IT | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
被災した学校にパソコンを贈ります
 

 東日本大震災で被災した団体・教育機関にリユースパソコンを贈る活動をしています。これまで200台ほどのパソコンを贈りました。今も被災地から申し込みが多く届いているので、パソコンの再生作業(清掃・データ消去、ソフトのインストール、動作確認など)が追い付かず2ケ月も待ってもらうような状況です。

 そんな中で、23日に福島県の小学校に50台のパソコンを贈りました。福島第一原発から5Km圏内にある大熊町の2つの小学校が、会津若松市に避難して授業を行っています。幸い、ボランティアでパソコン室にLAN環境を整備してくれる企業との連携ができました。

 早速パソコンを使っての授業がはじまったので、その様子をご覧ください。

 他にもパソコンを失い困っている学校が多くあると思います。私共はパソコンしか提供できませんので、地域で教室にLANの整備などをボランティアで引き受けてくれる企業・NPO・個人がいれば、多くの子供たちに喜ぶ笑顔を届けることができます。


| runway | IT | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
タブレット端末
 

アップルが新しいiPadを発表した。今朝の新聞では「新iPad肩すかし」「iPad3ではなくiPad2の改良版」などと報じられていた。確かに画面が2048×1536ピクセル・264ppiと高解像度になったり、通信スピードも従来の4GからLTELong Term Evolutionの略、3.9Gなどとも呼ばれている)方式を取り入れて高速化するなど性能の一部に向上が見られるものの、新しい機能を搭載したiPad3の登場を期待したアップルファンの中にはがっかりした人もいるだろう。


タブレット端末の機能については一通りのものが搭載されて出尽くしたということだろうか。それに、昨年あたりからアンドロイド系も加わり競争が激しくなってきたことで、これからは価格競争になり、それによって普及が広がれば新しい利用の仕方が生まれて、そこでまた進化が始まるかもしれない。


マイクロソフトが2月末に時期の
OSであるWindows 8開発途上版「コンシューマ・プレビュー」を一般向けに公開した。タブレット端末としても使えるし、パソコン上でこれまで使っているソフトも使えるということだが、はたしてこのコンセプトはどこまで受け入れられるのだろうか。


タブレット端末はもう少し様子をみてから購入するつもりでいる。

| runway | IT | 11:18 | comments(0) | - |