スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
おかしなマナー
 私たちの周りには、誰が始めたのか分からない変なマナーがある。それを守らないと周りからまるで異端者扱いにされるのだが、しかし冷静に考えると、本当にそのマナーらしきものは守るのに値することなのだろうか。

 まず始めは、エスカレータを歩くことである。仙台ではエスカレータは左側を歩く人のために空けて右側に立つのがマナーだそうだ。東京は反対に右側を空けるし、関西は仙台と同じ左側を空けるのだそうだが、なぜ仙台は東京を飛び越えて関西と同じスタイルになったのかはよく分からない。いずれにしても、このエスカレータを歩くことにいつも疑問に思っている。エスカレータを歩いてもたかだか数十秒早いだけである。そんなに急ぐのなら階段を駆け上ればいいのにと思う。

 例えば、お年寄りと一緒で介添えのために並んで乗りたい場合もある。子供と手をつないで乗りたい場合もある。それでも歩く人のために遠慮し、右側で窮屈な思いをしている状態は何かおかしい。
 下りのエスカレータを歩くことは特に危険である。もし、歩いている人が何かにつまずいて、右側に立っている人を後ろから押したらどうなるだろうか。私が下りのエスカレータに乗る時は、後ろから押されても前に倒れないように、荷物を左手に持ち替えて、右手でベルトをがっちりと握るようにしている。こんな風に身構え緊張してエスカレータに乗らなければならない状態は何かおかしい。

 事故が起こったら、設備の設置管理者は「事故は予見できたはず」と当然責任を問われるだろう。東京の営団地下鉄では危険防止のためエスカレータを歩かないように呼びかけているとのこと。JRや仙台市営地下鉄も見習ってほしいものだ。
 私は、駅のエスカレータをなるべく利用しないで、階段を上り下りするようにしている。

 次は車のハザードランプのことである。
 渋滞している車線に割り込み、ハザードランプを数回点滅させている車をよく見かける。「入れてくれてありがとう」ということなのだろうが、ただ形式的で心のこもった挨拶になっていないような気がする。

 毎朝、決まって渋滞する道路で、比較的空いている中央寄りの車線を走り、延々と並んでいる左側車線の前方に割り込む車が多い。そのために左車線の流れはますます悪くなる。
 そうして割り込んだ車はあのハザードランプを点滅させるのだが、みんな並んでいるところに割り込んだ後ろめたさを取り繕っているように見える。ランプを点滅すれば何でも許されると思い込んでいるような行動には困ったものだ。

 慣れない土地で、左側の車線を走っていたら、その車線が突然左折専用になっていてあわてる場合があるが、私が直進の車線に入れてもらうときは、入れてくれたドライバの顔を見て軽く会釈をするようにしている。

 あまり細かいことに目くじらを立てるつもりはないのだが、だんだんこんなことが気になってきた。
| runway | 独り言 | 10:24 | comments(9) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:24 | - | - |
 エスカレーターの話、面白く読みました。東京の場合は、人が多すぎて、もう普通の感覚では論じられない都市だと割り切る以外にないような気がします。JRお茶の水駅の、それはそれは人間離れした巨大構造、新宿や渋谷の過密集中ぶりなど‥。そうした異常な環境ではどんなファッションやスタイルが「常識」となっても不思議ではありません。

 こっけいなのは、まだまだ人間らしい環境が残っている仙台でも、エスカレーターのどちらかを空けるなどといった「マナー」が、あたかもそうしなければならないことであるかのように言われ、実際にそのように行われることです。必要もないのに。見識のないマスコミや専門家がそれをまたあおるので、なんともおかしなことになります。

 こういうのを心理学的になんと呼ぶのでしょうか?一種の刷り込み現象?それとも己よりも優位にあるものを無意識のうちに真似ようとする疑似体験集団現象?「仙台は右」などと「独自性」を気にするあたり、コンプレックスの裏返しかもしれません。最近、出来た仙台駅東口のエスカレーターは東京と同じです。笑えますね。いずれにしろ都市における集団行動として専門的には説明がつきそうですね。

 わたしは足の悪いかみさんをサポートして歩くことが多いのですが、彼女はエレベーターでは常にわたしの後ろに立とうとします。道路を並んで歩いていて、正面から人が来ると、いつもわたしのサポートする腕をふりほどいてよけようとします。サポートされるべき者がくだらないルールを気にしておどおど生きているような気がして本当に腹が立ちます。

 もっとも東京では左右に並んで立っていたり、歩いていたりすると殺されますから、自己防衛のために郷に従います。

| schmidt | 2004/10/11 11:46 PM |
 身の回りには、おかしなマナーに制約されていることが結構多いものですね。葬式の喪服も少し前までは、親族のみが着ていて一般会葬者は普通の服で出席していたのだと思うのですが、いつの頃からか、全員が黒い服になってしまいました。平服で行ったりするとそれこそ異端者扱いです。背広にネクタイも、もはや立派なマナーで、ライブドアはこの点で不快感をもたれているとか。日本人は右へ倣えというか、自ら制約を課してしまうことが多いですね。ココロの入らない形だけのマナーはこの裏返しなのでしょうか。
| watari41 | 2004/10/12 7:14 PM |
毎日の如く階段を上る私から見るエスカレーターの情景は面白いですね それを記事にした独り言さんに拍手 人間の集団は誰が決めたわけでもないのに一つの法則が出来て行く不思議 「お賽銭は何故神様に向かって投げるか」に繋がる話です。38億年前一つの生命が生まれ、その一つが3000万種
以上もの生きものに分かれたと言いますから人間はその一種と考えると「独り言」さんが記事にした内容を読むと皆そうだねと納得となるのですが 行動は皆まちまちですね 不思議を感じます。
| seten | 2004/10/12 8:33 PM |
Schmidtさん、watari41さん、setenさん、コメントをいただきありがとうございました。
他にも「おかしなマナー」はいろいろありますが、そうしたものを一方的に受け入れるのではなくて、「オレ流」があってもよいと思います。しかし、いろいろな考え方の人、いろいろな事情を持った人と一緒に生活しているということを常に意識して行動すべきだということでしょうね。
| runway | 2004/10/13 7:35 AM |
おかしなマナー 読みながらなぜかほっぺたがゆるみだしました。全く私も同意見で、エスカレーターの右側立ちには疑問より腹ただしさを感じた時期がありました。車の割り込みハザードランプも同じです。しかし、人は慣れとあきらめの心境にいつのまにか溶け込まされるのではないでしょうか。最近の自分はその状態に近づいています。なぜなら“さわらぬ神に何とか…”を身をもって体験したからでしょうか。

いずれにしろ納得のいかない「おかしなマナー」は片目をつぶって「自分流」を出すしかないのでしょうね。

ところで不調のサーバーは調子を取り戻したのでしょうか。
| Gobasi | 2004/10/15 2:15 PM |
Godasiさん、コメントをありがとうございました。
そうですね、片目つぶって自分流というところに落ち着くのでしょうね。

ブログサイトのサーバですが、少し落ち着いたようですが、止まることもありますので、こんなところでしょうか。急激にブログ人口が増えたので、ある程度の試行錯誤はやむを得ないと思っています。ただ、利用者にきちんと状況説明さえしてくれればいいんですがね。
| runway | 2004/10/17 5:13 PM |
多くの人たちが何となく従ってやっていると、あまり不思議を感じなかったんですが、よく考えると可笑しな事ってイッパイあるんですネ。
| michiko | 2004/10/26 9:56 PM |
はじめまして。エスカレータ歩行について検索していて辿り着いて、トラックバックさせて頂きました。

>それでも歩く人のために遠慮し、
>右側で窮屈な思いをしている状態は何かおかしい。

まったくその通りだと思います。片側あけは逆にマナー違反、という考えが常識になって広まってほしいですね。
| あひる | 2006/02/12 2:52 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/03/28 11:19 AM |









http://runway.jugem.cc/trackback/27
「おかしなマナー」に共感
 この記事はRunwayさんの「おかしなマナー」に触発されて書いたコメントを一部編集してあります。Runwayさん、どうもありがとうございます。  エスカレーターで右を空けて立つか左にするかの記事、大変面白く読みました。東京の場合は、人が多すぎて、もう普通の感
| シュミットさんにならない法 | 2004/10/12 10:48 AM |
真剣に役に立つ『トリビアの泉』 〜エスカレーター歩行の間違いを指摘
『トリビアの泉』でこんなに感動したのは初めてです! 先日の放送で、「エスカレーターで片側をあけるのがマナー、というのは間違っている」と言ってくれました! そう、以前記事に書いて、たくさん賛同のコメントを頂いたあの話です。
| あひるちゃんがゆく | 2006/02/12 2:47 AM |