スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
スマホとキーボード

スマートフォン(スマホ)の利用者がじわじわと増え、中学生やシニア層まで広がっているとのことです。

私はスマホを2年前から使っていますが、文字入力に不便さを感じています。文字入力する場合には画面にキーボードが表示されます。パソコンのキーボードと同じような並びの「キーボード配列」と携帯電話と同じ「携帯電話配列」のいずれか慣れた方を選ぶことができます。

私の場合、「携帯電話配列」に慣れていないことから、もっぱら「キーボード配列」を使っていますが、左手に本体を持ち右の人差し指で一文字ずつ確認しながら入力します。無骨な男の指には文字が小さすぎて誤入力が頻繁になり途中でイライラしてきます。そんな状態だから、これまでスマホからメールを送信することは殆どありませんでした。「メモ」もキングジムの「SHOT NOTE」にペンで書き込み、スマホのカメラで撮り込むというアナログ風な記録の仕方をしています。

しかし、折角スマホを使っているのだからここはデジタル的な方法でスマートにと考え、小型キーボードの接続を試みました。

購入したキーボードは、スマホとBluetoothで接続します。いざ接続を試みたのですがデバイス相互の認識・接続(ペアリング)がうまくいきません。調べてみると相互に通信するためのプロトコル(通信手順)に相当するプロファイルが、キーボードとスマホで異なることが分かりました。使っているスマホは「GALAXY S」で購入時のAndoroid 2.2を後からAndoroid 2.3にバージョンアップしたことがペアリングができない原因のようです。

結局、プロファイルを変換するアプリを探し出しスマホにインストールして、何とか日本語入力ができるところまでたどり着いたのですが、ここでまた問題が発生です。ひらがなとアルファベット・数字の切り替えがキーボードからできないことや、更に使えないキーもあるのです。また、使用するアプリ(メールソフトやメモソフト)で、どうやっても日本語の入力ができないものがあり、簡単に使える状態ではありません。もうこれ以上頑張ることを断念しました。

iPhonでは専用のキーボードが売られていますが、アンドロイドはメーカーや機種、OSのバージョンの違いなどもあって、統一した仕様にはなっていないようです。

結局、スマホにキーボードをつないで使うということは、スマホの使い方としてスマートではないということが分かりました。



スマホGALAXY S と キーボードELECOM TK-FBM023の組み合わせ
スマフォとキーボード
| runway | IT | 21:20 | comments(3) | trackbacks(0) |
フェイスブックで自分史作り
 

 本屋さんで「フェイスブックで『デジタル自分史』を作る」という本を見つけました。本の帯には「自分の歴史を振り返って記録する」「自分史作りに挑戦!」とあります。

 最近、高齢者の間にフェイスブックがじわじわと浸透してきているといわれています。この本では、タイムラインの機能を活かした「自分史作り」をしながら、フェイスブックの使い方を解説しているのです。

 私は、これまでフェイスブックの講座を2回開催しましたが、いずれも登録の仕方から始まり使い方を一通り実習するという内容でした。あまりにも真正面から取り上げたために、単調でメリハリのない講座内容だったと反省していたこともあって、この本のタイトルを見たときには、「あ、これだ」という思いでした。なるほど、こういう切り口でいけばより多くのシニア層の関心をを引き付けること間違いありません。

 ある年齢になるとこれまでの思い出を整理し記録しておこうという気になります。「近況」欄になつかしい写真と一緒に思い出すままを書き、公開範囲を「自分のみ」にして過去の日付で投稿すれば時系列に表示された記録になります。

 こうした記録づくりの楽しみ方を一通り説明した後で、離れて暮らす家族や友達との交流の楽しさに導いていけば、これまでフェイスブックにあまり関心のなかった人たちも興味を示すのではないでしょうか。


 いま、この本を読みながら、これからのフェイスブック講座の進め方について構想を練っているところです。

 


 ところで、この本の出版で協力されたのが、「コンピューターおばあちゃんの会」代表の大川加世子さんです。
82歳になられた方で、元気にご活躍されている様子をサイトで拝見し感服しました。
わたしもかくありたいと念じていますが…


| runway | IT | 13:56 | comments(2) | trackbacks(0) |